君島憂樹さんのプロフィールについて

名前:君島 憂樹(きみじま ゆうき)

名前:君島 憂樹(きみじま ゆうき)

宝塚歌劇団時代の芸名:蘭世 惠翔(らんぜ けいと)
生年月日:4月27日生まれ
職業:元宝塚歌劇団月組の娘役

祖父は、世界的服飾デザイナーの君島一郎さん、父親は君島誉幸さん、母親は実業家で元モデル・女優の君島十和子さんです。

君島憂樹さんは2014年、宝塚音楽学校入学し音楽学校の文化祭では演劇部門で主役を務めています。

卒業するときには演劇部門で優秀賞を受賞しています。

2023年4月30日、「応天の門/Deep Sea」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団しました。

退団後は本名の君島憂樹として、芸能活動をスタートしています。

君島憂樹さんの学歴:小学校について

君島憂樹さんの出身小学校は、東京都日本女子大学附属豊明小学校です。

この学校には、幼稚園から通っていたため内部進学をしています。

母親の君島十和子さんもこの小学校から日本女子大学附属高校まで、エスカレーター式に進学しているそうです。

君島憂樹さんは、子供の頃活発な性格で動くことが好きだった子供でいつも外を走り回っていたそうです。

君島憂樹さんが4歳の時に、はじめて宝塚の舞台を観て衝撃を受けてこれをきっかけにタカラジェンヌになることが夢みていたそうです。

子供の頃からクラシックバレエを習っていたためしっかりと日焼け止めを塗る習慣があったようですが、夏になると海やプールによく行くので真っ黒に日焼けをしていました。

日焼けがひどかったためにバレエの発表会では、白いお化粧をしても、グレーになったとういエピソードがあります。

君島憂樹さんの学歴:中学について

君島憂樹さんの出身中学校は、神奈川県日本女子大学附属中学校です。

私立の女子校で、小学校からの内部進学で入学しています。

君島憂樹さんは中学時代帰宅部で、部活動はしていませんでしたが、この頃から宝塚音楽学校に進むことを目指していたので、声楽やバレエなどのレッスンに通っていました。

中学3年生時に宝塚音楽学校を受験していますが、残念ながら不合格となっています。

不合格だと分かったときの君島憂樹さんは、現実を受け止めることに時間がかかったそうです。

あまりのショックにその後のことは、ほとんど記憶がないそうです。

しかし、君島憂樹さんは2日後、宝塚音楽学校に入るためにもっと頑張らなくてはいけないと前向きに切り替えることができたそうです。

君島憂樹さんの学歴:高校について

君島憂樹さんの出身高校は、神奈川県日本女子大学附属高校に内部進学しています。

この高校は、中退していますが充実した高校生活を送ることができ、高校時代の友達は今でも連絡を取り合う仲だとお話しています。

宝塚音楽学校へは、高校1年生の終わり頃に再び受験しみごと合格しています。

君島憂樹さんは後に、一年間普通の高校に通ったことは大きかったとお話しています。

高校生活を送ることで、視野が広がり楽しい一年間を過ごすことができたそうです。

2016年、宝塚歌劇団に102期生として入団し団時の成績は13番でした。

君島憂樹さんの学歴:大学について

君島憂樹さんは、宝塚音楽学校を卒業後に宝塚歌劇団に入団しているため大学には進学していません。

宝塚音楽学校に入学後は、今まで一緒に暮らしていた両親と離れて寮生活を送ることになりました。

慣れるまでは毎日大変だったと言います。

宝塚音楽学校に入学直後は、毎日忙しく家族に連絡することもままならない状態でした。

そのため夏頃からだんだんとホームシックにかかって行ったと言います。

1週間に1度の休みには、朝6時に寮を出発して実家に帰り寮の門限である18時までに帰って来るという休日を過ごしていました。

君島憂樹さんの実家は、関東にあり宝塚音楽学校は、関西にあります。

知らない土地や慣れない言葉など環境が激変したことは、とてもしんどかったのではないでしょうか。

寂しさを乗り越えながらも君島憂樹さんは、さんは宝塚音楽学校で演劇部門の優秀賞を受賞しています。

また、卒業間際の文化祭でも主演に抜擢され才能を発揮していました。

宝塚音楽学校を卒業後、君島憂樹さんは2016年に、宝塚歌劇団102期生として入団しています。

歌劇団時代は、星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で蘭世惠翔として初舞台を踏み、その後月組に配属変更となりました。

2018年、愛希れいか退団公演となる「エリザベート」では、少年ルドルフ役に抜擢され新人公演では女役マダム・ヴォルフを演じています。

2019年8月22日からは男役から娘役へと転向し、数々の舞台に出演しますが2023年4月に宝塚歌劇団を退団することを発表しました。

まとめ

関連するキーワード

関連するまとめ

【最新版】宝塚男役の歴代人気ランキングTOP35【画像付き】

イケメンと評される男性すら叶わないほどのカッコよさで知られる宝塚歌劇団の男役。現在の宝塚ファンに人気の歴代男…

kent.n / 573 view

【宝塚】タカラジェンヌの組分け&給料まとめ!仕事内容も徹底調査【動画あり】

ミュージカルはフランスのパリ発祥の芸術ですが、100年以上の歴史がある宝塚歌劇団は、日本が誇る大規模なミュー…

kent.n / 107 view

真彩希帆の結婚!旦那/生田大和との馴れ初め・子供や自宅もまとめ

元宝塚歌劇団雪組トップ娘役・真彩希帆の結婚をまとめました。宝塚歌劇団の演出家である生田大和との結婚、旦那との…

Luccy / 31 view

君島憂樹(蘭世惠翔)は整形?身長や幼少期の写真・目や鼻の穴の変化まとめ

元宝塚歌劇団月組の娘役で、現在はモデルやタレントとして人気を集める君島憂樹。君島十和子の娘であり母譲りの美貌…

Luccy / 175 view

【宝塚】雪組のトップスター・歴代人気ランキングTOP14【最新版】

日本人向けのミュージカル作品が得意なことで知られる雪組。今回は、そんな雪組で活躍した歴代トップスターの人気度…

kent.n / 93 view

【宝塚】私服がおしゃれなタカラジェンヌ歴代15選!ダサいジェンヌも調査【最新版】

ステージ中のタカラジェンヌたちは全員華やかですが、プライベートの私服もおしゃれなスター揃いです。ここでは、宝…

kent.n / 456 view

宝塚ファンの芸能人!衝撃ランキングTOP15【最新版】

豪華絢爛なミュージカルを世に届け、主に女性人気が高い宝塚歌劇団。芸能界にも彼女たちに魅了された人は多く、今回…

kent.n / 143 view

この記事を書いたライター

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

【宝塚】宙組のトップスター・歴代人気ランキングTOP8【最新版】

宝塚歌劇団の組の中で最も歴史が浅く、2018年で20周年を迎えた宙組。ここでは、20年の歴史の中でトップスタ…

kent.n / 108 view

【宝塚】タカラジェンヌの体重は?身長ランキングTOP14【最新版】

体が細く高身長なイメージが強いタカラジェンヌたち。歴代のタカラジェンヌの身長が気になるというファンのために、…

kent.n / 365 view

宝塚の娘役・歴代美人ランキングTOP35【最新版】

宝塚歌劇団の主役は、男役のタカラジェンヌだけではありません!娘役のタカラジェンヌも美人揃いなのです。今回は、…

kent.n / 873 view

【最新版】宝塚出身の女優・歴代人気ランキングTOP35

宝塚歌劇団を退団したジェンヌたちの多くが、女優として第2の芸の活動をスタートさせています。本記事では、宝塚歌…

kent.n / 252 view

君島憂樹(蘭世惠翔)の本名と宝塚退団理由まとめ【君島十和子の娘】

元宝塚歌劇団月組の娘役で、美容家の君島十和子の娘であり、現在はモデルやタレントとして活動している君島憂樹。本…

Luccy / 45 view

【宝塚】月組のトップスター・歴代人気ランキングTOP14【最新版】

月の光と同じ黄色がイメージカラーとして知られている月組。宝塚歌劇団で2番目に誕生した組で、これまで多くのスタ…

kent.n / 75 view

【宝塚】タカラジェンヌの組分け&給料まとめ!仕事内容も徹底調査【動画あり】

ミュージカルはフランスのパリ発祥の芸術ですが、100年以上の歴史がある宝塚歌劇団は、日本が誇る大規模なミュー…

kent.n / 107 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング